• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

タグアーカイブ: 歯

歯の痛み 噛むと痛い 咬合痛

神奈川県横浜市西区にある当院は横浜駅から一番近い場所に立地した歯科医院です(横浜駅 きた西口徒歩30秒 西口徒歩1分、横浜駅東口「きた通路」より徒歩2分)。院内技工室併設しており、一般歯科の虫歯治療、詰め物・かぶせ物(ブリッジやクラウン)や入れ歯の製作や調整が迅速に行なえます。抜歯などの口腔外科処置などもあわせて受けることが出来ます。併設の「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。

 

今回は 「歯の痛み」 についてです。

歯の痛みの種類にはいくつかあります。

 

大きく分けると、何もしなくてもズキズキ痛む自発痛)、

冷たいものや熱いもので歯がしみる冷水痛・温熱痛)、

歯を咬み合わせると痛む咬合痛)、

などが挙げられます。

 


また歯が直接の原因で痛むものと、歯の周りの歯ぐきや歯をささえる骨(歯槽骨)が原因で歯が痛いと感じる場合があります。

 

その代表例でもある「咬合痛」について、今回は主な原因を挙げてみたいと思います。
もしみなさんの中で咬合痛のある方がいらっしゃれば参考にしてみて下さい。

① 大きな虫歯
虫歯の大きな穴に食べカスが詰まり圧迫されると痛みが出ます。その前にしみて痛いかもしれませんが・・・・bikkuri01.gif


② 重度の歯周病

歯周病で歯を支えている骨が少なくなると、歯が動揺して固いものを咬むと痛くなります。

③ 歯根の感染
歯の神経(歯髄)の入っていた部位(根管)に細菌が感染すると増えた細菌によって、歯の根っ子の先から骨の方に膿が出て溜まり、咬むと痛くなります。


④ 象牙質の露出、酸蝕歯

歯ぎしりや食いしばりで歯の表面のエナメル質が摩耗して、その下にある象牙質が露出すると、咬むたびに食ものが象牙質に接触し痛みが生じます。胃液の逆流や酸性食品の過剰摂取による酸蝕歯も同様です。


⑤ 詰め物の接着不良

銀歯などの詰め物の長期使用で接着が剥がれてくると、咬む力が詰め物に伝わり接合部にズレが生じることで象牙質に刺激が伝わり痛みが出ます


⑥ 詰め物・被せ物の調整不良

咬み合わせの不調で、その歯だけ強く接触すると歯が痛くなります(咬合性外傷)。


⑦ 歯根破折

何らかの原因で、歯の根っこ(歯根)にひびが入ると、咬むたびに歯根が割れる方向に力がかかり痛みを生じます。


⑧ 乳歯の生え代わりの時期
乳歯から永久歯に生え変わる時期になると、乳歯の歯根は吸収されてなくなって咬む力を支えることが困難になり、痛みを生じます。

 

いずれにしても、歯に痛みが出るときは、思った以上に歯や歯ぐきが悪くなっていることが多いです。

 

痛みが出る前に定期検診を心掛けてください。nurse.gif

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 噛み合わせ・顎関節症 and tagged , ,

歯が足りない どうする? 歯の先天欠損

 

 だんだん気温も高くなってきましたね。GWも過ぎ、あっという間に夏休みになってしまうような気がします・・・・・(毎年)

 

さて、そんな中いらした患者さんから・・・・

「まだ乳歯なんですが、よーく見るとウチの子歯が足りないようなんです!」

「大丈夫ですか?矯正した方が良いですか?」

 

と言ってお子さんを連れてご相談にいらした方がいました。

 

そこで今回乳歯列期における「歯が足りない」「先天欠損」についてです。

 

「歯の不足!」(><;)

 

そんな言葉を聞くと心配になってしまいますよね。

特に小さなお子さんをお持ちのお母さん・・・・

 

しかし、もともと歯の本数が足りないということは意外とあるものです。とくに永久歯などで・・・・

 

そして、特に下の前歯や小臼歯(犬歯の後ろの歯)が足りないことが多いようです。

 先天欠損

また、乳歯では歯の不足があったからといって、永久歯も足らないとは限りません。

 

乳歯のときは経過をみて、永久歯に生え代わる頃に矯正歯科専門医で、顎全体や骨格のレントゲン写真撮り、一度、検査を受けましょう。

 

そのとき、永久歯の数などの詳細がわかります。

 

 

そして、やはり「先天欠損」がある場合、矯正治療が必要な場合が多くなります。時には補綴治療(ブリッジやインプラント)を併用なんてことも・・・・・

ただし、多少、歯の数が足りないからといって、治せないことはありません。

 

 先天欠損2

将来の歯並び・咬み合わせについて、どのような方針で治療すべきなのか矯正歯科で相談しておきましょう。

 

 

 

放置はだけ良くないです。後から生えてくる永久歯が無い部分の乳歯は抜けずに残って、しばらく機能はしていますが、乳歯は一生持つようにはできていません。

 

しばらくすると、歯が揺れてきたりなど何らかの不具合が感じられるようになります。

 

 

ご自身やお子さんが「歯が足りない」と言われたら、どのような状態なのか把握して、治療が必要なのか?また、必要ならどのような治療なのか?理解しておく事が必要だと思います。

 

 

ちなみに、稀ですが「多数歯欠損」といって、多くの歯が先天的に無い場合もあります。6歯以上欠損がある場合の矯正治療は「保険が適応」になります。

 

歯が足りないと言われたら一度、矯正歯科にご相談ください。

 

 村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など) and tagged , ,

村田歯科矯正歯科専門外来
村田歯科矯正歯科専門外来
ドクターズファイル
求人情報

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院