• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

Category Archives: 歯周病(症状・治療など)

歯にまつわる誤解

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

歯に関する誤解や、世間的に言われている間違った話題についてです。

 

 

☆甘い物(お菓子)を食べなければ虫歯にならない

 

子供のころ、親から「お菓子ばっかり食べてると虫歯になるよ!」と言われたことがありませんか?確かにお菓子は虫歯の原因となります。

しかし、お菓子だけが虫歯の原因というのではなく、原因となる糖分はごはんやパン、果物などにも含まれており食材の多くに存在します。

虫歯の予防には、それらお菓子や糖の摂取量が問題ではなく、食べ方や時間 例えばだらだら食べっぱなしや飴などを口に入れっぱなしなど口腔内の停滞時間、そして摂取後の清掃つまりは歯磨きが重要です。

 

 

☆妊娠・出産すると歯がボロボロになる-

 

妊娠・出産後、お母さんは赤ちゃんに歯のカルシウムを取られてしまうから歯がボロボロになると聞いたことがありませんか?

すでに完成しているお母さんの歯から赤ちゃんにカルシウムが吸い取られることはありません

しかし、出産後に口腔内の状況が悪化することは実際にあります。

 

虫歯については、一番の要因としては「つわり」でこれによって胃酸が口腔内に上がってきてしまい、この酸によって歯牙が溶かされてしまうことが原因です。つわりのひどい方は直後に口をゆすぐだけでも良いです。また、他に気を取られることが増え、歯磨きがややおろそかになってしまうこともあるかもしれません。

 

また歯周病は、妊娠中にホルモンバランスの乱れによって妊娠性歯肉炎が起こりやすく、これにより歯肉出血があると歯磨きが不足してしまうことなどから、出産後歯周病に発展してしまうことがあります。

➡ ですから、赤ちゃんのせいではありません!

 

 

 

☆乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫

乳歯はどうせ抜けて永久歯になるまでの間だから虫歯になっても大丈夫と思っている方がいるようですがそんなことはありません。

 

乳歯で食事をとっている年齢の期間は、虫歯などで咀嚼がうまくできなかったりすると消化器系への負担などから栄養摂取がうまくいかず成長や顎の発育に影響があったり、永久歯の形態や歯並びに悪影響を及ぼしたりするので、生え変わる乳歯といえど重要です。

 

☆歯の汚れを落とすには強く磨く、歯磨ペーストを多く使う

歯ブラシは強く当ててゴシゴシ大きく動かしても汚れはむしろ落ちにくくなります。

➡ 強く当てると毛先が開いてしまうので汚れをかき取りにくくなり、大きく動かすと歯の間などのくぼみの汚れが取れません。

 

ブラシは軽く当てて時間を長くやることです。

また、歯磨ペーストはたくさん使う必要はありません。むしろ大量に使用すると含まれる香料などの清涼感によりスッキリ感が出てしまい、歯垢の除去が実際はできていなくても歯磨きを終えてしまったり、研磨剤により歯肉・歯牙のすり減りを起こしかねません。

 

歯磨きは力を入れずに軽く当て細かく動かして、歯磨ペーストは少量でなるべく長くブラッシングをするようにしましょう。

 

?と思ったら、聞いてみよう 😀

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 赤ちゃん・子供の治療, 結婚・妊娠・出産, 歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など)

知覚過敏について

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

暖かい良い季節にやっとなってきました。

しかし今年も暖かいを通り越して暑い季節にいきなりなりそうですね。 :mrgreen:

暑さに体が慣れていません。くれぐれも熱中症にお気を付けください。

 

知覚過敏は、虫歯が無いにもかかわらず主に冷たいものを口に含んだ際に数秒キーンとした痛みが出る場合をいいます。食事や飲み物、歯みがきなどの刺激によって一時的に起こるものです。

 

💡 歯の頭の部分(歯冠)の表面はエナメル質という知覚が無い部分がガードをしておりその下に象牙質と呼ばれる知覚のある層がありその内側に歯髄という神経・血管などが存在する部屋があります。

歯の根(歯根)の部分はエナメル質が無く歯肉とその下にある骨(歯槽骨)により象牙質は隠されています。

 

象牙質には象牙細管という神経の枝が歯の外側に向かって走行しておりその末端をエナメル質あるいは歯肉が通常覆って刺激を遮断しています。

 

原因

歯冠部では何らかの原因でエナメル質が剥がれたり、歯根部の歯肉が退縮すると、象牙質が露出して外部刺激が神経に伝わります。

 

冷たいものや熱いものの刺激や歯磨きの際の毛先が象牙質の象牙細管に触れた刺激が、痛みとして脳に伝わることにより知覚過敏が起こります。

 

 

知覚過敏はその痛みが不快なだけでなく、それにより食べ物がしっかり噛めなくなって顎関節や消化器官に負担を与えたり、歯磨きが十分にできずに虫歯や歯周病の悪化を招くことになります。

 

☆エナメル質が失われる原因としては、歯磨きによるすり減りや物を噛むことや歯ぎしりなどによるすり減り(咬耗)(磨耗)などによって起こります。

 

☆根面の露出は、歯みがきが強すぎることによるすり減りや、歯周病、歯ぎしり・食いしばりなどから起こってきます。

 

☆ホワイトニングの副作用として発現することもあります。

 

治療

 

●知覚過敏防止用の薬の塗布  各メーカーより種々の薬が出ていますが以前に比べて効果が期待できます。

 

●象牙質のコーティング  象牙質が咬耗や磨耗により露出して場合には歯科用の樹脂によりコーティングして刺激の遮断をします

 

●咬合調整

 

●歯ぎしりや噛みしめの場合には噛み合わせの調整やマウスピースの装着

 

●歯周病による2次的な知覚過敏であれば、歯周病治療を行った上で知覚過敏に対する上記のような治療が必要となります。

 

 

●耐えられない痛みであれば、神経を取る治療となってしまいます。なるべくならば、歯にとって神経があることはメリットですので、様々な治療を試みたうえでの最終手段です。

 

 

セルフケア

 

市販されている知覚過敏用の歯磨き粉の使用

知覚過敏を軽減する成分を含み、継続的に使用することで症状が和らぐ場合があります。

 

硝酸カリウム 神経の反応が鈍感になり痛みを軽減する作用がありますが、即効性が

ある代わりに持続性がありません。

 

乳酸アルミニウム 象牙細管の末端を覆うことで症状を軽減しますが、即効性が無く効果が発現するまでに時間を要します。

 

 

歯の神経の状態がどのような状況にあるかは、私たちが歯を診てもレントゲンを撮ってもわかりません。

できるかぎり神経を取らずに残すように様々な手段を尽くして、いよいよ我慢できない痛みなのであれば前述のように神経を取ることになるでしょう。

この我慢ができない痛みというのも、私たちには客観的に確認ができません。

ですので、治療は様子を見ながらということになります。

 

強い冷刺激や熱刺激は禁物ですが、適度な刺激は神経自身が防御反応を起こし知覚過敏を防止するように神経の入っている部屋の内壁を厚くしますのでこれができてくると治まってきます。

これからの季節、冷たい物が欲しくなってきます。知覚過敏だけでなく、虫歯ということもあるので、しみることが続くようであれば一度歯科医院へ・・・

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯ぎしり・噛みしめ・噛み癖, 健康保険・医療費 and tagged

見逃すな!歯肉の出血

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

昼間はすっかり暖かくなりました。

桜はやはりいいですねぇ 😀

でももう終わりでしょうか?儚い 😥

 

歯みがきをすると血が出ませんか?

意外と歯肉出血が続いていてもあまり気に留めていない方が多いように感じます。(>_<)

一般的に歯肉からの出血が継続的にある場合は歯肉炎を引き起こしていることによるものが多いので、さらに進行して歯周病ということもあります。

ブラッシングはしているんだけれど、歯肉からの出血が続いているという時は、気づかないうちに歯周病が進行していることがあります。

 

歯周病は物言わぬ病気(サイレントディジーズ)と言われ、ほとんど自覚症状が無く進むことが多い病気です。歯肉の出血はそのうちの数少ない自覚のできる症状です。

これを見逃さないようにすることはその後の歯の寿命に影響する可能性があります。 💡

 

名の通り、歯の周りの歯を支持しているところの病気であり、進行することによって歯は支えを失っていき「抜歯」が終末処置になります。

 

➡ ご自身の歯をどれだけ長く使い続けられるか、いつまで自分の歯で噛むことができるかはほぼ歯周病の進行に左右されると言っても過言ではありません。

 

また、歯周病は全身疾患にも影響があることが近年注目されてきており、医科における手術前に口腔ケアの依頼を受けることも最近はしばしばです。

 

心臓疾患・脳血管疾患・糖尿病・リウマチ・認知症など影響は多岐にわたります。

歯周病に関しては折に触れ過去にも書いてきていますのでご覧になってみてください。

 

また歯肉出血は、口内炎と鑑別しにくい初期の口腔がんにも注意が必要です。

 

💡 歯肉の出血が続く時には、早めにかかりつけの歯科医院を受診しましょう。 😛

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯科医療全般・全身との関連

朝の歯磨き 起床後?朝食後?

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

暖かい日が出てきましたが、まだまだ朝晩は冷えます。一日の寒暖差もさることながら、日によっての寒暖差も例年に比べて大きいような気がします。 😥

まだこの先寒い日があるようです。

こういう時は体調を崩しやすいのでお気を付けください。<m(__)m>

今日は 朝のはみがきについてです。

皆さんは朝の歯磨きタイムはいつでしょうか?

起き掛けの方もいるでしょうし、朝食後の方もいると思います。

💡 さてどちらがいいのでしょうか?疑問に思った方はいませんか?

 

☆起きてすぐ磨く

 

口の中が乾燥しネバついて気持ちが悪いから磨くという理由でしょうか?

 

口腔内は唾液によって 食べかすや歯垢がある程度洗い流されることや、糖分等が細菌によって酸性化するのを中和する作用、その細菌の増殖を抑制する作用がありますが、就寝中は唾液の流量が低下するため起床時には細菌が増殖し、また昼間とは細菌の棲み分けも異なった状態になっています。

起床時の口腔内は最も不潔な状態と言っても過言ではありません。

 

そのため、歯磨きをせずに朝食をとるとそれらの細菌を飲み込んで消化管に入るためいわゆる腸内フローラに影響を及ぼし、通常は問題とはなりませんが場合によっては免疫力の低下、ウィルス感染を引き起こす可能性があります。

 

➡ 朝起きてすぐの歯磨きによって、口腔内環境をリセットするのは大事です。

 

 

☆朝食後に磨く

 

朝食後だけでなく、食後に歯磨きをするというのは虫歯や歯周病を予防するためには必要であることは多分皆さんご存じだと思います。

食物をとることによって口腔内に残った食べかすが歯垢となって歯面に着きそこで細菌によって酸が作られて歯を溶かす虫歯が発生します。

また、歯肉に形成された歯垢およびそこに沈着したカルシウムによって歯石が付着して歯周病の原因となります。

 

➡ これを防ぐためには、食後の歯磨きは重要であり欠かせません。

 

 

朝の歯磨きは起床後?朝食後?

 

結論はどちらも重要です。 😀 

なるべくは2回ですが、朝の忙しい時間なかなか難しいかもしれませんね 🙄

1日できれば食後3回! 少なくとも朝晩2回は歯磨きを!!

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア

噛み締め(TCH)

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

2月になりました。

まだ寒い日は続きますが、そろそろ花粉も飛び始めているようです。

インフルエンザも流行っています。体調管理にご留意ください

 

 

上下の歯の1日の接触時間は正常な場合16~17分位と言われています。これがそれ以上の時間接触をしていると様々な問題が出てきます。

 

そういわれると、強い力で噛み締めている状況を想像してしまい、いわゆる「噛み締め」や「食いしばり」を思いうかべるでしょう。

口を開く場合ももちろんですが、上下の歯がただ接触している場合も筋肉が働いている状態であり、本来はほとんどの時間唇は閉じていても上下の歯が接触していないのが筋肉がリラックスした力の抜けた状態です。

この接触状態が続いてしまうことを、TCH(Tooth Contacting Habit)と言います。

 

☆仕事においてPC作業が続いたり何かに集中したり、ストレスがあったりするとこのTCHを起こします。

 

TCHは、顎関節への負担を起こし顎関節症の大きな原因になるばかりか、歯の破折や知覚過敏・疼痛の原因など歯や歯周組織の悪化を起こす可能性があります。

 

●チェック方法

楽な姿勢で正面を向き軽く唇を閉じた時に上下の歯が接触している、あるいはその際に少し上下の歯の接触を解いてみた時に違和感を感じるようであればTCHの可能性があります。

常に頬の筋肉(咀嚼筋)が緊張状態にあるため、頬が歯に押し付けられた形になり頬に白いライン状の圧痕や舌に圧痕が見られることが多い。

 

●対策

対策としては、先ずはストレスがあるようなら解消法を身に着けてください。

パソコン作業が多いようであれば、ディスプレイの脇にでも目印を付けて、それが目に入った時に歯の接触がないか確認をして、しているようであれば上半身の力を抜き深呼吸でもしてその結果歯の接触が解けたかを確認してください。

この時、歯を離すという開口の動作をしてはいけません。なぜなら開口のための筋肉を使ってしまうのでリラックスによる歯の接触を解いたことにならないからです。

通常の生活においても、歯の接触を感じるようであれば例えばスマホや部屋のどこかにも目印を付け確認をしてみてください。

➡ 繰り返し行っていることにより、自己暗示のように自然とTCHをなくすことができます。

 

顎関節や咀嚼筋の緊張状態をなくしリラックスさせることが重要です。

 

顎関節に違和感があったり、頬や顎に疲れや凝りのようなものを感じるようであれば疑ってみてください。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯ぎしり・噛みしめ・噛み癖, 噛み合わせ・顎関節症

歯間ブラシ(歯の間の清掃)について

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

季節はずれの暖かい日もあれば寒い日もあり寒暖差が激しすぎます。これも地球温暖化のせいなのでしょうか? 🙁

この寒暖差で、ぎっくり腰の人も増えているようです。血流が関係しているようですが、一度なると癖になりますから皆さまお気を付けください。

さて、歯の間に物が詰まると非常に不快なものです。特に年齢が進むと余計に増えてきます。

 

これはもちろんそのままにすれば、歯と歯の間で虫歯が発生したり、その部分の歯肉が刺激を受けることによって、歯肉炎ひいては歯周病になっていきます。

 

ところが、歯の間の虫歯は進行してもなかなかご自身では気づかないことが多く穴が開いたことに気が付いた時にはかなり進行していることもあり、場合によっては痛みも無いのに神経を取らなければならない事態になっていることも少なくありません。

 

挟まった物が大きいとご自身でわかり気になると思いますが、小さい細かいものだと気づかずにいる場合もあります。挟まったことで歯肉が腫れて痛みも出て辛い思いをしても、時間が経つと腫れも痛みも消退してしまい治ったかのように思い放置されてしまうことも多いでしょう。

 

ところが、こういったことが起こり繰り返されると歯周病は確実に進行し歯を支える最も重要な骨(歯槽骨)が失われてしまい歯の寿命を短くしてしまいます。

 

これを防ぐには歯の間の清掃がたいへん重要なのですが、通常の歯ブラシによる歯磨きでは取り除けないこともあります。

その場合に用いられるものに、デンタルフロスあるいは糸ようじなどの糸状の清掃用具歯間ブラシがあります。

このうち歯間ブラシの使用については注意が必要です。

歯間ブラシは、歯と歯の間が大きく隙間になっていて内側(舌側)外側(頬側)がトンネル状に空隙がある方が適応です。

歯間に歯肉があり埋まっているような状態のときに使用すると、場合によっては食べかすが出てきて清掃ができていていいように感じるかもしれませんが、実は歯肉を刺激し傷つけてしまい歯周組織にはよくありません。

 

このような場合はフロスや糸ようじなどが適切です。ただ、これも挿入する際に歯と歯の接触部分がきつい時には強く入ってしまって歯肉を傷めないように、ゆっくりとのこぎりを引くような挿入の仕方をしてください。

歯肉炎・歯周病を引き起こさないようにと行っていることが、実は歯肉炎を起こしている場合があります。 💡

 

 

前述のように、歯間に物が頻繁に挟まるようなところは、挟まった自覚がないような時にも細かい物が残っていることがあります。 ➡

できれば毎回のブラッシングごと、少なくとも夜の歯磨きの時 1日1回でもフロス等で清掃するようにしましょう。

 

村田歯科医院/ 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:予防歯科・デンタルケア, 歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など) and tagged

虫歯を防ぐ騎士「キシリトール」

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

一段と寒くなってきました。

神奈川県では、インフルエンザも増加し、新型コロナウィルスの感染も再び微増となっています。

医療機関では、引き続き感染対策のため、マスクの着用をお願いいたします

キシリトールは糖アルコールと呼ばれる甘味炭水化物です。虫歯の原因にならない甘味料であり、また虫歯の予防にもなります。

 

キシリトールは砂糖と同程度の甘味度を持っています。

 

キシリトールは、口腔内で歯垢(プラーク)中において虫歯の原因となる酸を作らない上に、甘みが強いのでその甘味によって唾液の分泌を促進することにより口腔内で細菌によって作られた酸を中和するため虫歯の原因になりません。 😀

 

キシリトールは虫歯菌(ミュータンス菌)のエサにはならないのですが、菌内に取り込むとエネルギーを消耗してしまい虫歯菌も酸の産生も減少し、また歯垢の原因となる不溶性菌対外多糖を作らないので歯垢の粘着性が低くなりブラッシングによる清掃がしやすくなります

 

キシリトールだけの効果として、一定時間以上口腔内に入っていると、歯垢が付着しにくくなるだけでなく、歯の石灰化を促進するのみならず、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を弱体化させます。

 

そのため、ガムやタブレットなど口腔内に長くとどまっている物で、シュガーレスの砂糖のような他の甘味料が含まれていないキシリトールができれば50%以上含まれているものが望ましいです。 😛

 

 

1日3回3か月以上継続することで十分な虫歯予防効果が期待できます。 💡

 

➡ キシリトールガムでも砂糖や水あめなどの甘味料が含まれているものもありますので注意が必要です。

 

 

しかし、最も基本的なことである、ブラッシング・フッ化物の応用・正しい食生活、そして歯科医院での定期健診は必要不可欠です。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア

いい歯の日

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

急に寒さが増しました。お体に気を付けてお過ごしください。

 

今月11月8日は 「いい歯の日」でした。(HPの不具合により投稿が遅くなりました。)

 

いい歯とは、QOLを高めてくれる歯、日々の生活を活力をもって過ごさせてくれる歯というような意味です。しっかり噛めることは、消化を助け病気の予防となり、美味しいという感覚を味わうことができて、そしてバランスの良い栄養が摂れて健康になることによって、またしっかりと噛めるという好循環を生み出します。

 

☆年齢とともに、筋力や認知機能等心身の活力が低下してきます。筋力などの身体機能の低下よりも、実は口腔機能の低下が先にはじまると言われています。

 

滑舌が悪くなったり、食べこぼしをする、むせてしまう、噛めない食品が増えるなどは早期の老化のサインだと考えられています。

こういった口腔の健康・機能が悪化すると、食べられるものが減り、食べにくいために食欲の低下を招きます。

それにより必要な栄養が取れず、筋力の低下・身体機能の低下につながっていきます。

うまく嚙むということができなくなる(咀嚼障害)と摂食障害にもなります。

高齢者の死因としても挙げられる誤嚥性肺炎」の一因にもなります。

廊下

歯周病」等により、歯が喪失することが老化のはじまりになります。

将来、介護を必要とせず健康に生活する「健康寿命」をのばすためには、現在ある自分の歯を大切に守ることが非常に重要です。

 

そのためには、歯を失う原因の1位である「歯周病」の早期発見・早期治療に取り組みましょう。

 

是非この日をきっかけに、お口の健康をチェックしてみてください。

歯科医院での検診を!

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯科医療全般・全身との関連 and tagged ,

歯の妊婦検診を受けましょう

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

まだ昼間暑い日があると感じていましたが急に寒くなりました。

インフルエンザの増加とともに、プール熱なる咽頭結膜炎が大人にも流行ってきているようです。

感染症対策を継続し、体のコントロールを上手にしてください。

さて、歯科の妊婦検診という制度があります。自治体によっても制度の在り方は違いがあるかもしれませんが、横浜市では母子手帳に無料歯科検診の券がついており、検診結果を記入する欄も設けられています。

普段から定期的に歯科検診やクリーニングを受けられている方は良いですが、積極的に使用しましょう。

 

よく、「妊娠出産すると赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうから歯がボロボロになる」という話をする方がいますが、お母さんの歯のカルシウムが抜けてお腹の中の赤ちゃんに移行することはありません。icon_exclaim.gif

 

妊婦さんはホルモンバランスの変化などによって、口腔内の環境が悪くなりがちなのです。

 

体の免疫力の低下により歯肉の免疫力が低下し、また唾液の分泌量が低下することで乾燥したり汚れを洗い落とす能力の低下虫歯の原因となる酸を中和する能力も落ち、歯肉の腫れ出血、虫歯などが起こりやすくなります。

つわりの強い方は、吐き気によりブラッシングがきちんとできなかったり、食事の時間が不規則化や少量を頻繁に食べることにより口腔内が虫歯を発生させやすくなってしまいます。

つわりの際は、酸っぱいものを好んで食べるようになったり、胃酸が逆流して口腔内が酸性化することで虫歯のリスクが高まります。

 

 

book.gif虫歯や歯周病があるとその菌が体内に入り、37週未満での早産や新生児の体重が2500gに満たない低体重児出産などのリスクがあるとも言われています。

 

また、出産後しばらくは育児に追われ、赤ちゃんを預けることなど考えるとご自身の治療どころではなくなってしまうかもしれません。b-orooro.gif

 

赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しませんが、お母さんに虫歯があるとその唾液を介して感染しますから、周囲の大人は出産前に虫歯を治療しておくことが重要なのです。ga-n01.gif

 

そして、出産後は食器の共有や口移しで食べ物を与えるなど大人の唾液が赤ちゃんの口に入るようなことは注意が必要です。

 

 

つわりが落ち着いて安定期に入ってからの頃(4か月~6か月くらい)にでも歯科検診を受けられてください。nurse.gif

 

icon_idea.gif妊娠初期は流産の危険があるので緊急を要する治療以外は控え、後期は治療の椅子に仰向けでいることが苦痛だったり陣痛が起きても困りますから、妊娠中期が望ましいでしょう。

 

妊娠中に歯科検診を受けることは、お母さんご自身のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにも大切です。

 

是非、歯科検診を受けましょう。

 

 

村田歯科医院  / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 赤ちゃん・子供の治療, 結婚・妊娠・出産

歯科検診の期間

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです。厳しい暑さが続いていましたが、この秋の彼岸が来て涼しさがやってきました。

まだ、暑い日も出るかと思いますがだいぶ減りそうです。

増えてきた新型コロナウィルスの感染者も若干減ってきたようですが、インフルエンザの患者さんが増えているようですので秋冬に向かって継続して流行しそうなので感染対策には気を抜くことのないようにお過ごしください。

来院時は、マスクの着用をお願いいたします。

 

歯科検診を定期的に受けましょう

これまでのこのブログを見ていただくとわかると思いますが、再三にわたり言ってきました。

 

お口の中は何か悪くなった時に痛みや自覚症状が必ずあるわけではありません。むしろ無い場合の方が多いのです。

 

大人特に年齢が進むにつれ、虫歯にしても痛みが出にくくなり、気付いた時にはかなり進行していて詰める治療では済まなく、神経を取らねばならなかったり、抜かなければならない状態(抜歯)になっていたりということもあります。

歯周病では、もともと歯周病そのものが自覚症状の出にくい病気(サイレントディジーズ)であり、治療が遅れがちです。遅れれば遅れるほど治療はやはり抜歯に近づいてしまいます。

 

抜歯になれば、そこに歯を入れるためにブリッジだ 入れ歯(義歯)だ インプラントだなどと治療費も治療期間(通院期間)もかかり、場合によっては他の健康な歯をも何らか犠牲にすることにもなるかもしれません。kao04.gif

 

ご自身の歯をなるべく長く大事に使っていただき、いつまでも人工物ではなくご自身の歯でおいしく食べていただくために是非定期的な歯科検診を受けられてください。

 

歯科検診を受診する間隔は・・・

特に成人以降は学校での検診もなくなりますから、半年に1回は、年齢が進めば3か月に1回は受診をしましょう。

歯並びがあまりよくない方、歯石が着きやすい方、基礎疾患をお持ちの方は3か月ごとに、比較的口腔内清掃状態が良いかたは半年ごとで良いでしょう。

何かあった時に悪化させないうちに早期発見、早期治療です。bye03.gif

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 入れ歯, 歯科医療全般・全身との関連, 健康保険・医療費

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院