• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

ブログ

歯肉の腫れ

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

寒い日が続いています。お体に気を付けてお過ごしください。

新型コロナウィルスの感染もまた微増にあります。感染対策は怠りませんよう、来院時もマスクの着用をお願いいたします。

 

 

虫歯を放置すると痛みが出る場合もありますが、そうでない場合もあります。

 

痛みを感じないまま進行すると、神経が死んでしまいその後根の先の部分に病巣ができ膿が溜まって腫れてくることがあります。

この時になると痛みとともに自覚症状が出てくると思いますが、かなり進行した状態です。

ただ、膿が出る出口が歯肉にできてしまうと、腫れや痛みを感じずにさらに進行してしまいます。この出口も、口内炎と勘違いされている場合もしばしばです。

 

こういった場合、歯に穴を開けて死んだ神経を取り除ききれいに消毒・殺菌をして炎症が消退したところで根の中に薬を詰めて失われた歯の形を修復します。

根の先の病巣が大きいと場合によっては外科的な除去が必要になってくることもあります。

 

また、一度神経を取り治療を終えた歯でも根の先に病巣ができて腫れるということもあり同様のことが起きる可能性があります。 😥

 

💡 いずれにしても、ご自身の判断では先に行って大事になってしまいかねないので、普段自覚症状があっても無くても、定期検診を受けて悪いところは早めに直しておきましょう。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様の、お口の健康とひいてはお体の健康に寄与すべくスタッフ一同精進してまいります。

 

新年早々能登半島地震、羽田空港衝突事故と衝撃的な出来事が続いています。

犠牲となられた方々にはお悔みと哀悼の意を申し上げますとともに、特に地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

特に北陸3県の皆様の、健康と一日でも早く復旧・復興が進みますようにお祈り申し上げます。

 

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター スタッフ一同

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報

歯間ブラシ(歯の間の清掃)について

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

季節はずれの暖かい日もあれば寒い日もあり寒暖差が激しすぎます。これも地球温暖化のせいなのでしょうか? 🙁

この寒暖差で、ぎっくり腰の人も増えているようです。血流が関係しているようですが、一度なると癖になりますから皆さまお気を付けください。

さて、歯の間に物が詰まると非常に不快なものです。特に年齢が進むと余計に増えてきます。

 

これはもちろんそのままにすれば、歯と歯の間で虫歯が発生したり、その部分の歯肉が刺激を受けることによって、歯肉炎ひいては歯周病になっていきます。

 

ところが、歯の間の虫歯は進行してもなかなかご自身では気づかないことが多く穴が開いたことに気が付いた時にはかなり進行していることもあり、場合によっては痛みも無いのに神経を取らなければならない事態になっていることも少なくありません。

 

挟まった物が大きいとご自身でわかり気になると思いますが、小さい細かいものだと気づかずにいる場合もあります。挟まったことで歯肉が腫れて痛みも出て辛い思いをしても、時間が経つと腫れも痛みも消退してしまい治ったかのように思い放置されてしまうことも多いでしょう。

 

ところが、こういったことが起こり繰り返されると歯周病は確実に進行し歯を支える最も重要な骨(歯槽骨)が失われてしまい歯の寿命を短くしてしまいます。

 

これを防ぐには歯の間の清掃がたいへん重要なのですが、通常の歯ブラシによる歯磨きでは取り除けないこともあります。

その場合に用いられるものに、デンタルフロスあるいは糸ようじなどの糸状の清掃用具歯間ブラシがあります。

このうち歯間ブラシの使用については注意が必要です。

歯間ブラシは、歯と歯の間が大きく隙間になっていて内側(舌側)外側(頬側)がトンネル状に空隙がある方が適応です。

歯間に歯肉があり埋まっているような状態のときに使用すると、場合によっては食べかすが出てきて清掃ができていていいように感じるかもしれませんが、実は歯肉を刺激し傷つけてしまい歯周組織にはよくありません。

 

このような場合はフロスや糸ようじなどが適切です。ただ、これも挿入する際に歯と歯の接触部分がきつい時には強く入ってしまって歯肉を傷めないように、ゆっくりとのこぎりを引くような挿入の仕方をしてください。

歯肉炎・歯周病を引き起こさないようにと行っていることが、実は歯肉炎を起こしている場合があります。 💡

 

 

前述のように、歯間に物が頻繁に挟まるようなところは、挟まった自覚がないような時にも細かい物が残っていることがあります。 ➡

できれば毎回のブラッシングごと、少なくとも夜の歯磨きの時 1日1回でもフロス等で清掃するようにしましょう。

 

村田歯科医院/ 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯科医療全般・全身との関連 and tagged

2023年年末2024年年始の診療について

年末年始の診療につきお知らせいたします。

 

一般歯科・矯正歯科ともに、23年年末の診療は12月28日木曜日まで、24年年始は1月5日金曜日より平常通りの診療となります。

 

なお、一般歯科の12月28日の診療受付時間は、6時30分までと30分繰り上げになります。

 

まことに勝手ながら、12月29日金曜日より1月4日木曜日まで休診させていただきます。

 

矯正歯科(横浜矯正歯科センター)の詳しいことはHP横浜駅前の矯正歯科治療|村田歯科 横浜 矯正歯科 歯列矯正 (yokohamakyousei.jp)をご覧ください。

 

年末年始の休診期間中はご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解、ご協力の程をよろしくお願い致します。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター スタッフ一同

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報

虫歯を防ぐ騎士「キシリトール」

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

一段と寒くなってきました。

神奈川県では、インフルエンザも増加し、新型コロナウィルスの感染も再び微増となっています。

医療機関では、引き続き感染対策のため、マスクの着用をお願いいたします

キシリトールは糖アルコールと呼ばれる甘味炭水化物です。虫歯の原因にならない甘味料であり、また虫歯の予防にもなります。

 

キシリトールは砂糖と同程度の甘味度を持っています。

 

キシリトールは、口腔内で歯垢(プラーク)中において虫歯の原因となる酸を作らない上に、甘みが強いのでその甘味によって唾液の分泌を促進することにより口腔内で細菌によって作られた酸を中和するため虫歯の原因になりません。 😀

 

キシリトールは虫歯菌(ミュータンス菌)のエサにはならないのですが、菌内に取り込むとエネルギーを消耗してしまい虫歯菌も酸の産生も減少し、また歯垢の原因となる不溶性菌対外多糖を作らないので歯垢の粘着性が低くなりブラッシングによる清掃がしやすくなります

 

キシリトールだけの効果として、一定時間以上口腔内に入っていると、歯垢が付着しにくくなるだけでなく、歯の石灰化を促進するのみならず、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を弱体化させます。

 

そのため、ガムやタブレットなど口腔内に長くとどまっている物で、シュガーレスの砂糖のような他の甘味料が含まれていないキシリトールができれば50%以上含まれているものが望ましいです。 😛

 

 

1日3回3か月以上継続することで十分な虫歯予防効果が期待できます。 💡

 

➡ キシリトールガムでも砂糖や水あめなどの甘味料が含まれているものもありますので注意が必要です。

 

 

しかし、最も基本的なことである、ブラッシング・フッ化物の応用・正しい食生活、そして歯科医院での定期健診は必要不可欠です。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:予防歯科・デンタルケア, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など)

いい歯の日

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

急に寒さが増しました。お体に気を付けてお過ごしください。

 

今月11月8日は 「いい歯の日」でした。(HPの不具合により投稿が遅くなりました。)

 

いい歯とは、QOLを高めてくれる歯、日々の生活を活力をもって過ごさせてくれる歯というような意味です。しっかり噛めることは、消化を助け病気の予防となり、美味しいという感覚を味わうことができて、そしてバランスの良い栄養が摂れて健康になることによって、またしっかりと噛めるという好循環を生み出します。

 

☆年齢とともに、筋力や認知機能等心身の活力が低下してきます。筋力などの身体機能の低下よりも、実は口腔機能の低下が先にはじまると言われています。

 

滑舌が悪くなったり、食べこぼしをする、むせてしまう、噛めない食品が増えるなどは早期の老化のサインだと考えられています。

こういった口腔の健康・機能が悪化すると、食べられるものが減り、食べにくいために食欲の低下を招きます。

それにより必要な栄養が取れず、筋力の低下・身体機能の低下につながっていきます。

うまく嚙むということができなくなる(咀嚼障害)と摂食障害にもなります。

高齢者の死因としても挙げられる誤嚥性肺炎」の一因にもなります。

廊下

歯周病」等により、歯が喪失することが老化のはじまりになります。

将来、介護を必要とせず健康に生活する「健康寿命」をのばすためには、現在ある自分の歯を大切に守ることが非常に重要です。

 

そのためには、歯を失う原因の1位である「歯周病」の早期発見・早期治療に取り組みましょう。

 

是非この日をきっかけに、お口の健康をチェックしてみてください。

歯科医院での検診を!

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 歯科医療全般・全身との関連 and tagged ,

歯の妊婦検診を受けましょう

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

まだ昼間暑い日があると感じていましたが急に寒くなりました。

インフルエンザの増加とともに、プール熱なる咽頭結膜炎が大人にも流行ってきているようです。

感染症対策を継続し、体のコントロールを上手にしてください。

さて、歯科の妊婦検診という制度があります。自治体によっても制度の在り方は違いがあるかもしれませんが、横浜市では母子手帳に無料歯科検診の券がついており、検診結果を記入する欄も設けられています。

普段から定期的に歯科検診やクリーニングを受けられている方は良いですが、積極的に使用しましょう。

 

よく、「妊娠出産すると赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうから歯がボロボロになる」という話をする方がいますが、お母さんの歯のカルシウムが抜けてお腹の中の赤ちゃんに移行することはありません。icon_exclaim.gif

 

妊婦さんはホルモンバランスの変化などによって、口腔内の環境が悪くなりがちなのです。

 

体の免疫力の低下により歯肉の免疫力が低下し、また唾液の分泌量が低下することで乾燥したり汚れを洗い落とす能力の低下虫歯の原因となる酸を中和する能力も落ち、歯肉の腫れ出血、虫歯などが起こりやすくなります。

つわりの強い方は、吐き気によりブラッシングがきちんとできなかったり、食事の時間が不規則化や少量を頻繁に食べることにより口腔内が虫歯を発生させやすくなってしまいます。

つわりの際は、酸っぱいものを好んで食べるようになったり、胃酸が逆流して口腔内が酸性化することで虫歯のリスクが高まります。

 

 

book.gif虫歯や歯周病があるとその菌が体内に入り、37週未満での早産や新生児の体重が2500gに満たない低体重児出産などのリスクがあるとも言われています。

 

また、出産後しばらくは育児に追われ、赤ちゃんを預けることなど考えるとご自身の治療どころではなくなってしまうかもしれません。b-orooro.gif

 

赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しませんが、お母さんに虫歯があるとその唾液を介して感染しますから、周囲の大人は出産前に虫歯を治療しておくことが重要なのです。ga-n01.gif

 

そして、出産後は食器の共有や口移しで食べ物を与えるなど大人の唾液が赤ちゃんの口に入るようなことは注意が必要です。

 

 

つわりが落ち着いて安定期に入ってからの頃(4か月~6か月くらい)にでも歯科検診を受けられてください。nurse.gif

 

icon_idea.gif妊娠初期は流産の危険があるので緊急を要する治療以外は控え、後期は治療の椅子に仰向けでいることが苦痛だったり陣痛が起きても困りますから、妊娠中期が望ましいでしょう。

 

妊娠中に歯科検診を受けることは、お母さんご自身のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにも大切です。

 

是非、歯科検診を受けましょう。

 

 

村田歯科医院  / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:予防歯科・デンタルケア, 赤ちゃん・子供の治療, 結婚・妊娠・出産, 歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など)

11月2日金曜日受付時間の変更について

まことに勝手ながら都合により、11月2日金曜日に限り 最終受付時間を17時までとさせていただきます。

なお、4日土曜日の横浜矯正歯科センターは臨時休診となります。

皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。gomen01.gif

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター スタッフ一同

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報

歯の黒いのが気になる

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

例年より暑いと感じた夏が終わり、秋らしい風が数日あったと思ったら突然もう初冬のような寒さです。

新型コロナウィルスの感染は下火になってきているようですが、インフルエンザが増えています。

体調崩さぬようお気を付けください。

お口の中を鏡で見ていて、歯に黒い部分を見つけて気になることがあると思います。黒い点であったり、黒ずみや透けて黒いものが見えたり、全体に黒い感じがしたり・・・

 

汚れによるもの

いわゆるステインというもので、タバコやコーヒー・ワインなど多く摂取していると色素が沈着し黒く見えてくることがあります。

この場合は、クリーニングで除去が可能です。(着色除去のクリーニングは保険対象外です。)

歯石によるもの

歯の表面とりわけ歯肉の際に黒く見える場合、虫歯のこともありますが黒い歯石のこともあります。

黒い歯石は、落とし切れていない汚れ(プラーク)が蓄積し唾液中のカルシウムが沈着して石になって歯の表面に付着し、血液や汚れが混じって黒くなったものです。

付着していても痛みにはなりませんが、歯周病の原因となるので歯科医院での除去が必要です。

 

虫歯(齲蝕)によるもの

初期の虫歯(齲蝕)の場合は、黒い点があっても痛み無く広がることもなく経過しているのであれば自然治癒することもあります。この場合は、フッ素塗布や適切なブラッシングなどによって再石灰化し進行しません。この自然治癒が期待できる段階では、削って詰め物をすると見た目はきれいになりますが、人工物が入ることによってその劣化や周囲に虫歯(2次齲蝕)を引き起こす可能性も生じるので良く判断した方が良いでしょう。

 

黒い点に見えても、その下で広がっていることも多々あります

柔らかくなっている部分(軟化象牙質)があったり穴がある場合や痛みがある場合治療が必要です。

虫歯になっている部分を削り、小さければ詰め物をして、大きくても神経へのダメージがなければ被せ物をします。

神経に近かったり、自発痛があるような場合は神経の治療が必要になります。

 

神経が死んでいるもの

歯の一部ではなくその歯の全体に黒ずんで見える場合は、神経が虫歯や打撲などで自然死した場合や以前に神経を取る治療をした場合です。前者の場合は、先ずは歯の神経部分の治療が必要です。

全体の黒ずみは取るのが難しいので、最終的には全体の被せ物で色を合わせるようになります。

 

 

黒い着色は、必ずしもすべて治療が必要とは限りません。除去することは可能です虫歯の治療、歯周病の治療が必要なこともあります

 

何でもなかったら恥ずかしいとおっしゃる患者さんがいらっしゃいますが、そんなことはないですよ。治療の必要がなかったら安心できて良かったじゃないですか?bye03.gif

構いません!気になったらご相談ください。nurse.gif

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア

歯科検診の期間

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです。厳しい暑さが続いていましたが、この秋の彼岸が来て涼しさがやってきました。

まだ、暑い日も出るかと思いますがだいぶ減りそうです。

増えてきた新型コロナウィルスの感染者も若干減ってきたようですが、インフルエンザの患者さんが増えているようですので秋冬に向かって継続して流行しそうなので感染対策には気を抜くことのないようにお過ごしください。

来院時は、マスクの着用をお願いいたします。

 

歯科検診を定期的に受けましょう

これまでのこのブログを見ていただくとわかると思いますが、再三にわたり言ってきました。

 

お口の中は何か悪くなった時に痛みや自覚症状が必ずあるわけではありません。むしろ無い場合の方が多いのです。

 

大人特に年齢が進むにつれ、虫歯にしても痛みが出にくくなり、気付いた時にはかなり進行していて詰める治療では済まなく、神経を取らねばならなかったり、抜かなければならない状態(抜歯)になっていたりということもあります。

歯周病では、もともと歯周病そのものが自覚症状の出にくい病気(サイレントディジーズ)であり、治療が遅れがちです。遅れれば遅れるほど治療はやはり抜歯に近づいてしまいます。

 

抜歯になれば、そこに歯を入れるためにブリッジだ 入れ歯(義歯)だ インプラントだなどと治療費も治療期間(通院期間)もかかり、場合によっては他の健康な歯をも何らか犠牲にすることにもなるかもしれません。kao04.gif

 

ご自身の歯をなるべく長く大事に使っていただき、いつまでも人工物ではなくご自身の歯でおいしく食べていただくために是非定期的な歯科検診を受けられてください。

 

歯科検診を受診する間隔は・・・

特に成人以降は学校での検診もなくなりますから、半年に1回は、年齢が進めば3か月に1回は受診をしましょう。

歯並びがあまりよくない方、歯石が着きやすい方、基礎疾患をお持ちの方は3か月ごとに、比較的口腔内清掃状態が良いかたは半年ごとで良いでしょう。

何かあった時に悪化させないうちに早期発見、早期治療です。bye03.gif

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 入れ歯, 歯科医療全般・全身との関連, 健康保険・医療費

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院