• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

Category Archives: 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など)

オトガイ形成術 保険 アゴがない?

 

「私、顎が無いんです・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・(00;)・・・・」

「・・・・ん?・・・・・・・・」

「私、下アゴがないんです・・・・・・」

「下アゴが引っ込み過ぎているんです!」・・・・(あーそういうことですね。)

 

そんな悩みをお持ちの患者さんがいらっしゃいました。

 

アゴの先の部分(以下「オトガイ」)があまり出て居ない状態です。

 

一見、アゴの先端というと、「美容整形ではないの?・・・・」って印象もあるかと思いますが・・・・

 

 

矯正歯科治療でも、骨格や歯並びに問題がある外科矯正手術適応(保険矯正)の場合にアゴの先の部分(オトガイ)の手術も行うことがあります。

これを・・・・・

 

 「オトガイ形成術(genioplasty)」といいます。

そこで今回「オトガイ形成術」についてです。

 

美容整形外科の手術などでも耳にした事があるかたもいらっしゃると思います。

 

オトガイが出ている場合や、長い場合などに患者の希望があれば形成手術を行うことがあります。

 

外科矯正治療におけるオトガイ形成術は、下アゴ単独もしくは上下のアゴの移動術だけではオトガイ部の形態が十分に改善しない場合に行います。

 

では、どんな場合に行う手術なのでしょうか?

  1. オトガイが長い場合
    長い場合は真ん中部分を手術により抜いて、短くすると術式を取ります。
  2. 下あごが後ろに後退しすぎている場合
    オトガイ部を切って前方に移動させます。
  3. 主に正面から見て非対称が残っている場合
    左右どちらか横に動かします。

 

噛み合わせ(咬合)の改善を目的とする場合、オトガイ形成術の前に矯正・外科手術を行うことのほうが多いようです。

 

顎変形症で噛み合わせ(咬合)には問題がない場合、また、顎変形症が原因と考えられる睡眠時無呼吸の症状がある場合などには、オトガイ形成術を単独でおこなうこともあります。

 

オトガイ形成術は、審美的要素が強く、適応ケースであれば、施術するかしないかは患者さんの要望にも配慮できます。必要と判断すれば行ないます。また、この手術も保険が適用されます。

 

オトガイ形成術は、保険が適応される手術になっているので、認可・指定されている医療機関であれば自己負担は少なくてすみます。

 

オトガイ形成術で保険が適応される医療機関とは、育成更生医療指定機関と顎口腔機能診断施設になります。

 

ちなみに、当院 (村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター) 

 

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関) 

顎機能診断施設 

 

の指定を受けていますので、もちろん、保険が適応されます・・・・V(0。0)/

 

 

以前は保険の適応がされていなかったため、かなり高額な手術費用の負担がかかっていました。先天性疾患が原因にとなる外科矯正の場合は、認定されている医療機関での保険が適応されていましたが、矯正治療は自費診療となっていました。

 

しかし、最近では、認定された矯正専門の病院( 指定自立支援医療機関 ・ 顎機能診断施設 )や、限られ医療機関で保険の適応が受けられるようになりました。

オトガイ形成術を受けたくても、費用の面で悩んでいた方々は多くいるのではないでしょうか?

矯正治療での保険の適応範囲が広がり、だいぶオトガイ形成術を受けやすくなりました。

 

ただし、適応ケースや費用は個人によって差がでることもあるので確認する事が必要です。オトガイ形成術の費用は病院や診療科によっても違い、矯正期間や方法、入院期間などによって変わってきます。ご注意ください。

 

完全に美容目的であり、保険診療を扱わない美容外科のクリニックなど、保険が適応されない医療機関でオトガイ形成術を行うと、100万円以上を負担する事もあります。

 

 ものすごく、ザックリ言うと・・・・・・術式や稀な例外を除き・・・・

 

保険が適応される指定疾患の矯正治療や外科矯正治療の一環として、行うオトガイ形成術」 は保険が適応されます。

 

「主訴や術式も含め、完全に美容目的である場合は、保険が適応されにくい」

 

ということです。

 

 今回

「私、下アゴがないんです・・・・・・」 とおっしゃっていた患者さんは、

診断の結果、外科矯正治療の適応となり、オトガイ形成術も含めて、保険適応となりました。

 

これから、頑張って矯正治療がスタートする予定です。

 

矯正歯科治療の可能性や適応範囲もどんどん広がっています。

 

皆さんも、お一人で悩まず正しい情報を得るためにも、お気軽に

 

矯正歯科の初診・相談を受けてみてください。 

 

☆疑問がスッキリ☆ 

 

お役に立てるかもかもしれません。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正), 歯科医療全般・全身との関連 and tagged ,

矯正歯科 専門 ブログ  

 

さて、今回は、当院内に併設しております。

 

矯正歯科専門施設「村田歯科 矯正歯科センター」のホームページについてです。

 

先日お知らせした通り、「完全リニューアル★」いたしました。

 

 

実は4月からリニューアル構想があったのですが、なかなか進まずにいました・・・・汗

ですから、リニューアルの日付が4月になっている箇所もあります・・・・・汗

 

リニューアルに先立ちまして、「村田歯科 矯正歯科センター」のホームページでも矯正歯科専門のブログのコーナーを設けました(現状は『よくある質問』形式の記事を掲載しております、順次、内容や情報は更新していく予定です)。

 http://yokohamakyousei.jp/blog/

 

今後、さらに特化した情報提供をして行きたいと思っております。

 

ということで、まずは一般歯科「村田歯科医院」のブログの中から、矯正歯科に関連した記事をまとめて!わかり易くするために「村田歯科 矯正歯科センター」のホームページのブログにまとめてアップしたいと思います。

http://yokohamakyousei.jp/blog/

 

 

もちろん今後、一般歯科「村田歯科医院」のブログにも、矯正歯科に関する情報は、「村田歯科 矯正歯科センター」のブログと同時に掲載致します。

 

今後とも、より良く、わかり易い情報提供を行って行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など)

日本矯正歯科学会大会 in 松本  参加

 

私事ですが・・・・・・・

 

先日、年に1回開催された

「 第72回日本矯正歯科学会 大会 」 に参加してきました。

今年は、「in  松本(長野県)」でした。

 

松本市を訪れるのは確か、はじめてだと思います。

 

1泊で行ってきました。

 

 

今年は「矯正歯科認定医」の発表などが無かったので、ゆっくりと色々なトピックスや研究報告を拝見することができ、色々な刺激になりました。

 

矯正医療の材料や機器にもたくさん触れ、新たなものもたくさん購入しました。

 

 

さらに・・・・・・・・

自分が大学勤務時代に取り組んでいた研究内容に似た報告などもあり、非常に勉強になり、新たな気持ちで、気合を入れて日頃の臨床に取り組めそうです。

 

いろいろなトピックスがありますので、今後も小出しに!!(笑)

 

情報発信していきたいと思います。

 

ちなみに当日の電車は・・・・・・・・・古いですが・・・・・

 

「8時ちょうどの~♪ あずさ2号で~♪」 ではなく~~~(古・・・)

 

今は・・・

 

「8時ちょうどの スーパーあずさ5号」で・・・・旅立ちました・・・・。

あずさ5号

 

今後とも、知識や技術が埋もれてしまわないように!

 

学会や勉強会には積極的に参加・発表していきたいと思います。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

 

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など) and tagged ,

村田歯科 横浜矯正歯科センター  ホームページ リニューアル

 

2013.9.20 より

 

 「村田歯科 横浜矯正歯科センター」

 

ホームページを完全リニューアルいたしました。

 

まだ、しばらく非表示・見にくい箇所や訂正箇所もあるかと思いますが・・・・・

 

こちらもどうぞご覧ください ( http://yokohamakyousei.jp/ )

 

 

「村田歯科医院 ホームページ」 と同様に

 

情報の種類や質も日々上げて行くつもりでおります。

 

 

「村田歯科 横浜矯正歯科センター」 のホームページでは・・・・

 

矯正歯科を主として色々な情報を提供いて行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正) and tagged , ,

乳歯 噛み合わせが反対 反対咬合 治療時期

 

一般歯科の方で通院されている患者さんから・・・・・・

 

 

「うちの下の子のかみ合わせが反対です。いつ頃診てもらって、歯並びは何歳ぐらいから治療したほうが良いですか?」

 

とご質問を受けました。

 

そこで、今回は 「乳歯の噛み合わせが反対な場合(反対咬合)」 についてです。

 

 

↑この質問に対する正解は・・・・・

 

「気になったときには、まず診せてください」です!

 

 乳歯 反対咬合2 乳歯 反対咬合

乳歯列の反対咬合は、前歯4本が生え変わる永久歯交換期に自然に治ることもあります。

 

 

ですから、反対咬合の程度や年齢などによっては、経過観察ということもあります。

 

 

ご家族やご親戚の中に骨格的な反対咬合などの方がいらっしゃる場合、遺伝的要因があると自然には治りにくいこともあります。骨格的な反対咬合の場合は、顎変形症と診断され、外科矯正が適応になります(ただし、この場合全て健康保険が適用されます)。

 

アゴの大きさや成長の問題なのか?

 

また、アゴの大きさや成長傾向に問題があるとしても、それは、上のアゴ?もしくは下のアゴ?どちななのか?

 

 

また、歯の傾き(歯の凹凸ぐあい)が原因なのか?

 

 

どのタイプによるかで・・・・診断や治療開始時期は変わります。

 

 

乳歯列期からの早期治療が必要なのか?

 

前歯4本が永久歯に交換するまで待って良い状態なのか?

 

はたまた、遺伝的要因が強い傾向があるため、成長のタイミングを見計らって、治療を進めた方が良いケースなのか?

 

 

一般的には、4~5歳ごろになると骨格も含め、歯並びなども調べる矯正歯科の精密検査を行うことができ、矯正治療することも可能です。

 

 

ですから、どのタイプなのか?把握するためにも、まず、矯正歯科を受診し、診断時期や年齢などを十分考慮し診査してもらうことが大切です。

 

ちなみに、当院では乳歯列期からの早期治療をやっておいた方が良い場合には、

 

本格矯正開始前の前処置として・・・・・

ムーシールド ムーシールド2  DSCN2347

「ムーシールド」や「機能的矯正装置」など取り外し可能な装置を使用し、お子さんに負担の少ない装置を選択する事が多いです。

 

(治療例)・・・ムーシールドによる、矯正前処置

DSCN2341 ⇒(使用 6ヶ月後)⇒ DSCN3079(使用継続中)

 

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター   村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 噛み合わせ・顎関節症, 赤ちゃん・子供の治療 and tagged , ,

前歯がはえてこない 過剰歯

 

秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか?

昨日の夜は、お月様が綺麗でしたね(満月でした?)。

月

 

さて、先日・・・・・

「うちの子の前歯の永久歯がはえてこないんです」

「もうすぐ、小学校2年生です」・・・・と・・・・・

 

 

とおっしゃって、矯正相談にいらしたお母さんがいらっしゃいました。

確かに、左の一番前の前歯(中切歯)は生えていますが、右は生えていません。しかも、1年くらいそのままだそうです。

 

ここで、特に我々、矯正歯科医には「ピン!!」っと頭に浮か症状があります。

 

「過剰歯」の存在です。

 

(実際、この患者さんは過剰歯あり、今後、抜歯をして経過観察となりました。)

そこで今回、 「過剰歯」 についてです。

 

さて、この「過剰歯」皆さんは、耳にしたことありますか?

 

定義的なことを挙げてみると・・・・・・・・

 

過剰歯とは、正常な歯の本数以上に作られてしまった歯のことをいいます。

(乳歯:20本、永久歯:32本)

 

原因は、歯の形成期に歯胚(歯の元)が、過剰の作られたり、過分裂をおこした結果、過剰に歯が作られてしまうことにあります。

歯が余分にあると、得したように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

この過剰歯は、普通の歯のように、きれいに整った形で生えてくることはあまりなく、しっかりした歯として使える場合はほとんどありません。

 

また、骨の中に埋まったままの状態か、歯ぐきから一部頭だけが出たような状態になっていることが多いです。

過剰歯は女性よりも男性に多いと言われています。

 

また、よく出現する部位として、上の前歯付近があり、厄介な事に

「純性(普通の歯と同じ方向に向いている)」と

「逆性(普通の歯と逆を向いている)」の過剰が存在し、 「逆性」の方が多いとされています

 

時々奥歯や犬歯の後ろの小臼歯という歯にも出来ます。

 

この過剰歯は、度々、歯並びに悪影響を及ぼし、抜歯せざるを得ないことがあります。

 

過剰歯があると、歯が押されて、歯並びが悪くなってしまったり、永久歯が生えてこれなかったり、過剰歯事態が、周りに膿の袋を作ってしまい、のう胞という病気の原因になってしまったりする恐れがあります。

過剰歯2

↑これは、右の上の前歯がはえてきません。埋まっている過剰歯に邪魔されています。

 

  過剰歯3

↑これは、上の前歯の真ん中(正中)に過剰歯埋まっているため、すきっ歯(正中離開)を起こしてしまい、歯並びが悪くなっています。

 

過剰歯4

↑これは上の前歯に複数の過剰歯があるため、両方の前歯(永久歯)が長い間出てこれません。これにより、舌の癖や飲み込み方に良くない癖が出てしまっている状態です。

 

これらの状況はほん一部です。

 

なんか、長い間、前歯がはえてこない! とか

前歯が片方しか出てこない! とか

変な歯が出てきた!とか

 

おかしいな!と思ったら、念のため「矯正歯科」を受診してください。

今後の歯並びや噛み合わせが悪くならないためにも、早めの対処が必要です。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:予防歯科・デンタルケア, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 噛み合わせ・顎関節症 and tagged ,

日本舌側矯正歯科学会 リンガル矯正 ベーシックコース

 

日中はまだまだ暑いですが、朝晩はだいぶ秋めいてきましたね。

 

さて、私事ですが、先日の連休に所属学会のひとつでもある。

 

日本舌側矯正歯科学会  の講習会・実習に参加してきました。

 

当院でも、舌側矯正(裏側矯正)はかなり行っておりますが、

 

改めて考え方や技術の再確認・見直しも含め・・・・

 

学会主催の

IMGP7334_original

「リンガル矯正 ベーシックタイポドントコース」

 

というものを受講してきました。

IMGP7364_original

基礎的な内容から、非常にわかり易い内容でした。

 

私の考えの中に

 

「基礎は応用をかねる」

 

とう考え方が強くあります。やはり基礎がしっかりしていないと、応用が利かないと思います。

 

今回は、色々なものを学び、再確認する意味ですごく有意義で充実した2日でした。

リンガル1

さらに自分の技術や考え方にも、磨きをかけなくては!

 

と改めて感じ、身の引き締まる思いでした・・・・・

 

ちょうど、台風に見舞われた2日間でした。朝が電車が遅れて大変でしたが、会場は駅直結だったので、幸いあまり影響はなかったです・・・・(00;)

 

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 歯科医療全般・全身との関連 and tagged , ,

激辛 カプサイシン 痛み

 

最近まで天候不順で大雨なところもたくさんありましたね。

 

このところ、日中は微妙にまだ蒸し暑いですが、だいぶ過ごしやすくなってきました。

 

さて、今回は私事ですが、前々から挑戦したいとおもっていた、激辛ラーメンのカラミ(辛味?)でちょっとトピックスを・・・・・・

 

 

さて、先日!やっとチャレンジしてみたかった激辛ラーメンを食べる事ができました。

北極激辛フリークではないですが・・・・・・

一度、食べて見たかった激辛ラーメンです。

 

 

始めは恐る恐る!緊張しながら食べたのですが、そのうち「辛ウマイ」の連続でした。

 

このラーメン、決してかきこんでは食べてはいけません。むせたら最後・・・・(0。<)

喉と鼻が大変なことになると思います。

 

私も、一瞬危なかったです・・・・(汗)

 

 

さて、その辛ウマイ ラーメンですが、唐辛子がたくさん入っており、カプサイシンたっぷりな感じです。

 唐辛子

そこで、今回「カプサイシンにかんする実験、研究報告」につて少々・・・・・

 

以前、大学病院に「助教」 として常勤勤務していた頃・・・・

 

「矯正治療中の口臭」や「唾液中のストレスマーカー」について少々、研究をしておりました。

 

 

その関係で調べていた資料で拝見したことがあるのですが、

 

激辛 = カプサイシンの矯正治療中の鎮静効果についての報告がありました。

 

 

矯正治療での歯の移動中の痛みは、歯の移動に必要な矯正力によって引き起こされ、数日から一週間続くことがあります。

 

最近では、ワイヤーや装置の改良により、かなり改善され苦痛に感じるじるほどの痛みはなくなってきてはいます。

 

しかし、個人差もあり、全く痛くない方もいれば、比較的痛みを感じ易い方もいらっしゃいます。そこでこんな動物実験が行われていました。

 

「近年、侵害受容器であるカプサイシン受容体が新しい鎮痛方法として注目されている。カプサイシンで持続的な刺激をカプサイシン受容体に加えると、痛みに対する感受性が低下し痛覚のみの不応期を導くと考えられている。そこで本研究では、カプサイシンによる感受性の低下に着眼し、これを矯正治療中の痛みの軽減に応用することを目的とした。」ということです。

 

 

結果は、カプサイシンの持続的使用により、顔のグルーミングが減少するなどの行動が見られることから、カプサイシンの鎮痛作用が見られると考えられる。

 

とのことでした。

 (グルーミングは痛み刺激などのストレスがかかっているときに動物が行う行動です。)

 

 

その他、カプサイシンの鎮静効果について色々な研究報告がありました。

 

口腔乾燥症という歯科領域の病気にも効果的であるとの報告などもあり、今後その効果が期待されているそうです。

 

 

そのうち、矯正治療による歯の移動中、痛みを感じる方のために・・・・

 

「唐辛子入り歯磨き粉」

「唐辛子入りうがい薬」

 

なんていうのが出来たりするかも知れませんね・・・・・ /(><;)

 

まー、でもいくら効果が期待できても、辛いものの摂りすぎは良くないもの・・・・・

 

適度に刺激的に・・・・・

 

また、美味しい「激辛ラーメン」挑戦してみようと思います。

 唐辛子2

適度な辛さは、お口の中にも良い効果があるようです。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター   村田 正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:未分類, 歯周病(症状・治療など), 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 噛み合わせ・顎関節症 and tagged , ,

矯正装置 思春期 からかわれる? 

 

夜は少しずつですが、涼しい風が吹くようになりましたね・・・・

 

最近、お母さんと中学生の娘さんの親子で矯正相談にいらした患者さんで・・・・・

エピソードをひとつ・・・・・

 

矯正装置をつけている同級生女子が、男子から色々からかわれているのを見ているので、矯正器具をつけたくない!歯並びは治したいが、器具着けるのははイヤだ!といってるお子さんが居られました。

(ちなみにその娘さんは、取り外し式のマウスピース矯正は困難なケースでした。)

 

中学生というと、男女問わず 「思春期真っ只中!」

 

色々、多感な時期ですね。

 

でも、いまだに矯正装置が着いているだけで、からかわれてしまうなんて・・・・・・・

 

先進国では矯正治療は当たり前の国がほとんどです。矯正治療に保険が効く国もあるくらいです。

 

以前は、日本はアメリカなどに比べると「矯正治療」途上国という印象が強かったです。八重歯をカワイイ!といっているのも、世界中でも日本だけのような印象を受けます。 

 

でも、最近では矯正治療も当たり前になりつつあり、歯並びや噛み合わせを改善する事は大事な事との認識が増えつつあると思っていました。

 

しかし、いまだに矯正装置が着いているだけで、からかわれてしまうなんて・・・・・・・

 

ちょっと、矯正歯科医としては、「ショック」でした。力不足を感じました。

 

えっ。いまだに・・・・・・・そっ、そんな!

 

 矯正治療の重要性を浸透させる矯正歯科医の活動もまだまだですね。頑張らなくては・・・・・

 

でも、今回の患者さんですが、なんとか歯並びをストレスなく治してあげたいと!思い!

 

本人もなっとくし、満足できる治療を探しました。

 

結局、その方は、上下裏側(舌側)矯正装置による治療を行うことになりました。見た目も関係なく矯正治療ができるように・・・・・・と

 

 順調に矯正治療を進めています。

 

学校でもからかわれる事もなく!ストレスは無いそうです。

 

むしろ、同級生の女子からは、見えない矯正でいいな~~♪

 

といわれているそうです。

 

皆さん!矯正治療をしなくて済むに越した事は無いですが、治す必要があれば矯正器具を着けて歯並びや噛み合わせを治さなくてはなりません。

 

矯正装置を着けている事は、決して恥ずかしいことではないのです。

 

歯並びが治った後の綺麗な口元、歯並びや笑顔のことを考えてください。

 

明るく気兼ねなく笑えると思います。

 

歯並びを治さずに放置したガタガタの歯並びの末路を考えてください。

 

歯並びが悪いと歳をとるたびに歯や歯ぐきが悪くなり、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどになり。余計にお口のケアが必要になります。

 

矯正治療をするために器具を着けることは決して恥ずかしいことではないし、おかしな事ではないです。

 

健康のためにも大切な治療でもあるんです・・・・・・・・

 

思春期真っ只中の男子女子も、必要であれば矯正治療はとても大切なことなんです。

 

ちなみに小学生~高校生までの私の姪や甥はみんな矯正治療中です(00)★

 

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など) and tagged , ,

夏休み 子供の虫歯 注意

また、だいぶ暑くなってきました。

中国では猛暑で大変なことになってるみたいですね。

皆さん、なんとか工夫して!これからの猛暑を乗り切りましょう。

 

暑い夏!

どうしてもヒンヤリしたものが恋しいですね。

 

我々、紳士(オッサン・・・・・苦笑)にしてみれば・・・・

 

キーーーンと冷えたビールですが・・・・・・

 

 子供たちは・・・・・・・・・・・

 

カキ氷? アイスクリーム?それともアイスキャンデー?

 

冷たいスイーツが欠かせない季節になりましたが、みなさんは冷たいものを食べるときに「ズキッ」という歯の痛みを感じたことはないでしょうか?

 

もし虫歯でないのなら、それはきっと知覚過敏」?

 

歯の表面を覆うエナメル質が欠けたり、歯茎が下がったりすることで、エナメル質の内側にある象牙質の管から歯髄(歯の神経)に直接刺激がいくため「ズキッ」と瞬間的な痛みを感じてしまうのです。

 

知覚過敏は比較的成人に多いです。

 

それは・・・・・

 

子どもの場合は、歯の表面が欠損したり摩滅する前に乳歯が早めに抜け変わってしまうため、大人に比べると知覚過敏の症状を感じにくいと考えられています。

 

また、 知覚過敏の痛みを感じにくくても、夏は子どもの歯にとってあまり好ましいとはいえない環境といえます。

 

 

夏休みで生活のリズムが変化して、食後に歯みがきをする習慣も乱れやすくなります。

 

低学齢期に生えてくる奥歯は大人になってからの歯ならびに大きな影響を与えますから、はやい時期に虫歯にしてしまうと歯列もバラバラになりやすくなりがちです。

 

 

 

小学生、特に低学年の歯はまだ表面がやわらかく、まだまだ虫歯になりやすい時期です。

 

 

くれぐれも”おやつのダラダラ食べ”は要注意。3食+間食はきちんとメリハリをつけて、毎食後しっかりと歯みがきをするのが望ましいのだそうです。

 

夏休みで夜型の生活になってしまうのも注意です!

 

リビングでついウトウト・・・・・zzzzzz

 

そのまま、歯磨きぜずに就寝!なんてことにもなりかねません。

 

 

せっかくの夏休みですから、親子で一緒に歯みがきタイムなんかを設けてみてはいかがでしょう? 

 

カキ氷やアイスキャンデーをおいしく食べるためにも、親子で歯を大切に!

 

楽しい夏休みを過ごせるように・・・・・・・

 

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など)

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院