• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

歯の妊婦検診を受けましょう

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センターpc_26_03.gifでは、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

まだ昼間暑い日があると感じていましたが急に寒くなりました。

インフルエンザの増加とともに、プール熱なる咽頭結膜炎が大人にも流行ってきているようです。

感染症対策を継続し、体のコントロールを上手にしてください。

さて、歯科の妊婦検診という制度があります。自治体によっても制度の在り方は違いがあるかもしれませんが、横浜市では母子手帳に無料歯科検診の券がついており、検診結果を記入する欄も設けられています。

普段から定期的に歯科検診やクリーニングを受けられている方は良いですが、積極的に使用しましょう。

 

よく、「妊娠出産すると赤ちゃんにカルシウムを取られてしまうから歯がボロボロになる」という話をする方がいますが、お母さんの歯のカルシウムが抜けてお腹の中の赤ちゃんに移行することはありません。icon_exclaim.gif

 

妊婦さんはホルモンバランスの変化などによって、口腔内の環境が悪くなりがちなのです。

 

体の免疫力の低下により歯肉の免疫力が低下し、また唾液の分泌量が低下することで乾燥したり汚れを洗い落とす能力の低下虫歯の原因となる酸を中和する能力も落ち、歯肉の腫れ出血、虫歯などが起こりやすくなります。

つわりの強い方は、吐き気によりブラッシングがきちんとできなかったり、食事の時間が不規則化や少量を頻繁に食べることにより口腔内が虫歯を発生させやすくなってしまいます。

つわりの際は、酸っぱいものを好んで食べるようになったり、胃酸が逆流して口腔内が酸性化することで虫歯のリスクが高まります。

 

 

book.gif虫歯や歯周病があるとその菌が体内に入り、37週未満での早産や新生児の体重が2500gに満たない低体重児出産などのリスクがあるとも言われています。

 

また、出産後しばらくは育児に追われ、赤ちゃんを預けることなど考えるとご自身の治療どころではなくなってしまうかもしれません。b-orooro.gif

 

赤ちゃんの口腔内には虫歯菌は存在しませんが、お母さんに虫歯があるとその唾液を介して感染しますから、周囲の大人は出産前に虫歯を治療しておくことが重要なのです。ga-n01.gif

 

そして、出産後は食器の共有や口移しで食べ物を与えるなど大人の唾液が赤ちゃんの口に入るようなことは注意が必要です。

 

 

つわりが落ち着いて安定期に入ってからの頃(4か月~6か月くらい)にでも歯科検診を受けられてください。nurse.gif

 

icon_idea.gif妊娠初期は流産の危険があるので緊急を要する治療以外は控え、後期は治療の椅子に仰向けでいることが苦痛だったり陣痛が起きても困りますから、妊娠中期が望ましいでしょう。

 

妊娠中に歯科検診を受けることは、お母さんご自身のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにも大切です。

 

是非、歯科検診を受けましょう。

 

 

村田歯科医院  / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

 

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

  カテゴリ:結婚・妊娠・出産, 歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 赤ちゃん・子供の治療

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院