• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

妊婦の歯科治療

横浜駅前 電車・バスを降りてすぐ!!!

横浜駅西口から徒歩30秒 横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた自由通路」を通るとすぐ横浜駅から最も近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する歯科医院です。

横浜駅前にて開業44年を超える歴史ある医院です。また、当院は自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関です。

村田歯科医院内にある矯正歯科専門「村田歯科 横浜矯正歯科センター」では、矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険による矯正)などにより、専門的な矯正歯科治療を行っています(矯正専門医常勤)。

 

急に寒くなってきました。

新型コロナウィルスの感染がやや下火になったとはいえ、まだまだ油断はできませんし、インフルエンザとの複合感染もあり得るとのことなので、海外のようにマスクを外すことなく今まで通りの感染対策をしていきましょう。

 

妊娠中歯が痛くなったりしても、治療を受けていいものか迷ったり躊躇してしまうかと思います。bikkuri01.gif

 

icon_exclaim.gif虫歯や歯周病があって痛みや歯肉出血など自覚症状があるものはもちろん、そうでなくても治療の必要があれば進んで治療は受けてください

 

妊娠中の虫歯や歯周病早産や低体重児出産の要因となり、その他の要因である年齢(17歳以下、35歳以上)、喫煙、飲酒、麻薬などと比べ発生頻度は3~4倍とかなり高いリスクです。ga-n01.gif

 

妊娠中はつわりによってブラシングがしにくかったり胃酸の逆流の影響や、ホルモンバランスの変化による影響などにより虫歯や歯周病が起こりやすくなります。

胎児にカルシウムを取られて自分の歯がボロボロになるわけではありません。

 

受診自体は体調と相談の上いつでも構いませんが、治療可能な時期は妊娠5~8か月の安定期特に4~6か月の間くらいが最適で分娩期に入る前には終了するのが良いでしょう。

 

icon_idea.gif治療にあたって使用される薬剤などについてのご心配もあると思います。

 

麻酔は使用する量も限られており薬剤としても安全で、また局所麻酔ですので胎児への影響はありません。

 

鎮痛剤は、アセトアミノフェンが催奇性が少ないとされ比較的安全性が高いですが、なるべくなら服用しない方が良いでしょう

 

抗生物質は、ペニシリン系セフェム系は安全に使用できますが、テトラサイクリン系クロラムフェニコール系は使用できません。

 

レントゲン撮影は歯科では通常でも線量が非常に少量で東京ニュヨーク間を航空機で往復した場合に受ける線量の10分の1位であり、特にデジタルレントゲンはさらに微量です。

撮影の際は、防護エプロンにより腹部の防御をいたします。

 

長時間の仰臥位は仰臥位低血圧症候群を起こす可能性があるので注意が必要です。

治療中姿勢が辛かったり苦しかったりしましたら、遠慮なくおっしゃってください。gomen01.gif

 

 

お口の中を常に清潔に保つよう心掛けて無料妊婦健診は積極的に利用しましょう。

特に歯周病は自覚症状の少ない病気です。

 

出産後は育児や家事に追われて自分の歯科治療どころではなくなってしまいがちですのでご自身の為にも生まれてくる赤ちゃんの為にも必要があればこの時期に虫歯や歯周病の治療を済ませておいた方が良いと思います。

 

なお、母子手帳にある無料妊婦健診は原則的に治療が当日できません。自覚症状がある場合は通常通り受診をお願いいたします。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 一般歯科担当 岡田一記

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

  カテゴリ:赤ちゃん・子供の治療, 結婚・妊娠・出産, 歯科医療全般・全身との関連, 虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア and tagged

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院