• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

唇を噛むくせ 歯ならび 影響

 

 

「うちの子が良く唇を噛んでいるのですが、やめた方がいいですよね?」

治療にいらした患者さんからご質問をうけました。

 

答えは・・・・・・

「はい!やめたほうがよいです!」ですnurse.gif

 

歯並びや咬み合わせの安定には口の周囲の筋肉と舌との調和がとても大切です。

 

きれいな歯ならびは・・・・・・

 

「舌が歯を外側へ押す力」  

「唇や頬が歯を内側に押す力」

 

のバランスで成り立っています。

 

特に成長期にあるお子様の場合では、無意識に唇を咬んだり、指しゃぶりをしたり、舌で歯を押したりするくせは、正しい歯ならびに大きな影響を及ぼします。

 

このくせ悪習癖・口腔習癖と言って「歯ならび」を悪くするくせのひとつです。

 

唇を噛むくせは「咬唇癖(こうしんへき)」といいます。

咬唇癖1

 

下唇を咬む癖がある場合は、唇をかむことによって、唇の圧が前歯にかかり、下顎前歯が内側へ倒れたり(咬み合わせが深くなる)、上顎前歯が外側へ倒れたりしたりして(歯がでる)、前歯の咬み合わせにすき間ができてしまいます。

 

 

健康な歯ならびに悪い影響を及ぼすこれらの悪い習癖をすぐにに取り除くことはとても難しいと思います。ga-n01.gif

咬唇癖2

色々な装置もありますが、装置を使用したとしてもすぐに治るとは限りません。

やはり、生活習慣のひとつですから、お子様本人と親御様の理解と協力が非常にたいせつです。

 

気になることがあれば、一度、矯正歯科にご相談ください。

 

 そういった、咬む癖や舌の癖の対策は早めの対処が肝心です。

癖を直す装置もあります。

マウスピース型 プレオルソ

 

すぐに矯正治療に頼らないまでも、何か気づかなかったくせが見つかるかもしれません。

 

横浜駅から一番近い歯科医院、一般歯科と矯正歯科を併設した開業35年の技工室のある村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センターです。矯正専門医による舌側矯正や顎変形症(保険の矯正)など高度な矯正歯科治療にも取り組んでおります。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

横浜の歯医者|村田歯科医院|横浜駅すぐの歯医者

  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 噛み合わせ・顎関節症


Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ef-connect03/www/muratashika/wp-content/themes/blue_templ/single.php on line 97

村田歯科について

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

TEL:045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

<< 横浜の歯医者 村田歯科 >>

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© 横浜 歯医者/歯科|村田歯科医院