• トップページ
  • ドクター紹介
  • 診療科目
  • 治療費
  • クリニック紹介
  • 地図・診療時間
  • ブログ

Category Archives: 顎変形症(外科矯正)

歯並びが悪い、嚙み合わせが悪い

横浜駅前 電車・バスを降りて直ぐ!!!                     横浜駅西口から徒歩30秒、横浜駅東口からも駅の東京寄り「きた通路」を通るとすぐ

横浜駅前にて、開業40年を迎える歴史

自立支援(育成・更生)医療の指定医療機関

 

 

歯並びや嚙み合わせが良い方 そう多くはありません。kao02.gif

むしろ一部分であっても良くない方がほとんどではないでしょうか?

 

歯並びや噛み合わせが良くないと見た目の問題もありますが、それだけではなく虫歯や歯周病の原因にもなり、歯の寿命に関わってきますし、顎関節症等も引き起こします。ga-n01.gif

 

 

他人からの見た目にあまり気にするほどではなかったり、しかも日常生活に支障がないと気にもしなかったり、多少気にすることがあってもチャンスがなくそのまま過ごしてしまっている方がほとんどでしょう。

そういった場合、おおかたの歯科医院ではご本人の訴えがない限り、あるいはよっぽど悪い状態でない限り矯正治療のお勧めはしないかと思います。

 

 

icon_exclaim.gifですが、本来歯並び・嚙み合わせは大変重要なのです。

 

矯正治療はどうしても治療期間がかかりますし、治療費用の問題もあって敬遠されがちですが、できるのであれば治したほうがご自身の歯は長持ちします

できれば、虫歯の治療や歯周病の治療をするのと同じように矯正治療も考えていただきたいと思っています。

 

「知っていたら矯正していたのに・・・」はもったいないと思います。

 

そのため私は、当院は矯正歯科を併設していますので、積極的に矯正治療が必要と思われる方には、お話をさせていただいています。

 

矯正相談は無料ですのでとりあえず、お話を聞いてお考えいただきたいのです。強要ではありません。あくまでご自身の判断によりお決めいただければと思います

 

 

矯正治療の費用はやはりネックとなるとは思いますが、当院は矯正医および当歯科医院が保険治療の資格を有していますので、患者さんの状態によっては保険での矯正治療も受けることができますし、自費治療の場合も支払方法のご相談にも応じます

 

先ずは、扉を叩いてみてください。nurse.gif

 

また、村田歯科 横浜矯正歯科センターのHPpc_26_03.gif村田歯科 横浜矯正歯科センター」もご覧ください。

横浜駅から一番近い一般歯科と矯正歯科専門の施設を併設する医院 

矯正専門医による舌側矯正、マウスピース矯正や顎変形症(保険の矯正)などより専門的な矯正歯科治療にも取り組んでおります(矯正専門医常勤)。

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター   一般担当 岡田一記

日付:  カテゴリ:虫歯(症状・治療など), 歯周病(症状・治療など), 予防歯科・デンタルケア, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 噛み合わせ・顎関節症, 顎変形症(外科矯正), 歯科医療全般・全身との関連 and tagged , ,

オトガイ形成術 保険 アゴがない?

 

「私、顎が無いんです・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・(00;)・・・・」

「・・・・ん?・・・・・・・・」

「私、下アゴがないんです・・・・・・」

「下アゴが引っ込み過ぎているんです!」・・・・(あーそういうことですね。)

 

そんな悩みをお持ちの患者さんがいらっしゃいました。

 

アゴの先の部分(以下「オトガイ」)があまり出て居ない状態です。

 

一見、アゴの先端というと、「美容整形ではないの?・・・・」って印象もあるかと思いますが・・・・

 

 

矯正歯科治療でも、骨格や歯並びに問題がある外科矯正手術適応(保険矯正)の場合にアゴの先の部分(オトガイ)の手術も行うことがあります。

これを・・・・・

 

 「オトガイ形成術(genioplasty)」といいます。

そこで今回「オトガイ形成術」についてです。

 

美容整形外科の手術などでも耳にした事があるかたもいらっしゃると思います。

 

オトガイが出ている場合や、長い場合などに患者の希望があれば形成手術を行うことがあります。

 

外科矯正治療におけるオトガイ形成術は、下アゴ単独もしくは上下のアゴの移動術だけではオトガイ部の形態が十分に改善しない場合に行います。

 

では、どんな場合に行う手術なのでしょうか?

  1. オトガイが長い場合
    長い場合は真ん中部分を手術により抜いて、短くすると術式を取ります。
  2. 下あごが後ろに後退しすぎている場合
    オトガイ部を切って前方に移動させます。
  3. 主に正面から見て非対称が残っている場合
    左右どちらか横に動かします。

 

噛み合わせ(咬合)の改善を目的とする場合、オトガイ形成術の前に矯正・外科手術を行うことのほうが多いようです。

 

顎変形症で噛み合わせ(咬合)には問題がない場合、また、顎変形症が原因と考えられる睡眠時無呼吸の症状がある場合などには、オトガイ形成術を単独でおこなうこともあります。

 

オトガイ形成術は、審美的要素が強く、適応ケースであれば、施術するかしないかは患者さんの要望にも配慮できます。必要と判断すれば行ないます。また、この手術も保険が適用されます。

 

オトガイ形成術は、保険が適応される手術になっているので、認可・指定されている医療機関であれば自己負担は少なくてすみます。

 

オトガイ形成術で保険が適応される医療機関とは、育成更生医療指定機関と顎口腔機能診断施設になります。

 

ちなみに、当院 (村田歯科医院/村田歯科 横浜矯正歯科センター) 

 

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関) 

顎機能診断施設 

 

の指定を受けていますので、もちろん、保険が適応されます・・・・V(0。0)/

 

 

以前は保険の適応がされていなかったため、かなり高額な手術費用の負担がかかっていました。先天性疾患が原因にとなる外科矯正の場合は、認定されている医療機関での保険が適応されていましたが、矯正治療は自費診療となっていました。

 

しかし、最近では、認定された矯正専門の病院( 指定自立支援医療機関 ・ 顎機能診断施設 )や、限られ医療機関で保険の適応が受けられるようになりました。

オトガイ形成術を受けたくても、費用の面で悩んでいた方々は多くいるのではないでしょうか?

矯正治療での保険の適応範囲が広がり、だいぶオトガイ形成術を受けやすくなりました。

 

ただし、適応ケースや費用は個人によって差がでることもあるので確認する事が必要です。オトガイ形成術の費用は病院や診療科によっても違い、矯正期間や方法、入院期間などによって変わってきます。ご注意ください。

 

完全に美容目的であり、保険診療を扱わない美容外科のクリニックなど、保険が適応されない医療機関でオトガイ形成術を行うと、100万円以上を負担する事もあります。

 

 ものすごく、ザックリ言うと・・・・・・術式や稀な例外を除き・・・・

 

保険が適応される指定疾患の矯正治療や外科矯正治療の一環として、行うオトガイ形成術」 は保険が適応されます。

 

「主訴や術式も含め、完全に美容目的である場合は、保険が適応されにくい」

 

ということです。

 

 今回

「私、下アゴがないんです・・・・・・」 とおっしゃっていた患者さんは、

診断の結果、外科矯正治療の適応となり、オトガイ形成術も含めて、保険適応となりました。

 

これから、頑張って矯正治療がスタートする予定です。

 

矯正歯科治療の可能性や適応範囲もどんどん広がっています。

 

皆さんも、お一人で悩まず正しい情報を得るためにも、お気軽に

 

矯正歯科の初診・相談を受けてみてください。 

 

☆疑問がスッキリ☆ 

 

お役に立てるかもかもしれません。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田正人

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正), 歯科医療全般・全身との関連 and tagged ,

村田歯科 横浜矯正歯科センター  ホームページ リニューアル

 

2013.9.20 より

 

 「村田歯科 横浜矯正歯科センター」

 

ホームページを完全リニューアルいたしました。

 

まだ、しばらく非表示・見にくい箇所や訂正箇所もあるかと思いますが・・・・・

 

こちらもどうぞご覧ください ( http://yokohamakyousei.jp/ )

 

 

「村田歯科医院 ホームページ」 と同様に

 

情報の種類や質も日々上げて行くつもりでおります。

 

 

「村田歯科 横浜矯正歯科センター」 のホームページでは・・・・

 

矯正歯科を主として色々な情報を提供いて行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

村田歯科医院村田歯科 横浜矯正歯科センター

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正) and tagged , ,

矯正治療 保険適応 -保険が効く場合-

 

矯正治療について、健康保険が使える場合はないのか?

 

こんな、ご質問を受ける場合があります。

 

そこで今回、 「健康保険がきく矯正治療」 についてです。

 

以前にもちょっとお話したかもしれません。おさらいです・・・・v(0。0)

 

 

日本でも、だいぶ矯正治療が認知されてきました。

歯並びや咬み合わせは見た目の問題だけではなく!健康にも影響します。

 

 

実際、「保険がきく矯正治療」があります。

 

★施設基準や指定の資格や経験をもった矯正専門医がいる指定の医 療機関であれば可能です。★

 

 

当院でも保険適応のケースで矯正治療を受けられる方も多くなってきました。

 

外科矯正治療といって、矯正治療と外科手術の併用が必要な場合です。

 

これは、美容外科とま全く違います。完全に保険が適応になります。

 

「顎変形症」 という病名がつきます。

 

いわゆる骨格性な要素も含めかみ合わせや歯並びが悪い場合です。

 

 顎変形症

下アゴが出ている、いわゆる「受け口」を連想される方も多いかと思いますが、受け口だけでなく!

上アゴが大きく出ている場合(出っ歯) や

かみ合わせても、上下の前歯が大きくかみ合わない場合(開咬) や

正面からみて下アゴあるいは上アゴが曲がっている(側方偏位) や

著しくは並びのアーチが狭い(狭窄歯列)   など

 

受け口だけでなく、色々なケースで適応になる場合があります。

 

 

 

矯正治療は、見た目の問題だけではなく、医学的にも必要な治療です。本来、健康保険がすべて適応になってもいいような気がしますが、今のところ、日本では保険がきく場合と保険がきかない場合があります。

 まあ、徐々に適応範囲も広がってきています。

 

そこで、保険がきく場合を疾患・症状をあげてみます。

 

<国の定める先天疾患>

  • 顎変形症 (受け口・出っ歯・開咬・変位など)
  • 唇顎口蓋裂 (口蓋裂・唇列・粘膜下口蓋裂など)
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨・頭蓋骨異形成
  • クルーゾン症候群
  • トリーチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ウィードマン症候群
  • 尖頭合指症
  • ロンベルグ症候群
  • 先天性ミオパチー
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルト症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 筋ジストロフィー
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口-顔-指症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群濃化異骨症
  • 6歯以上の非症候性部分性無歯症

 

です。

 

 

 

今後、保険矯正の適応範囲ももっと広がっていくといいですね。矯正治療が受けやすい環境がどんどん整備されていくことを願っています

 

当院内でも、少しでも皆さんが治療を受けやすい環境を考え!努力し!実行したいと思っています。

 

外科矯正や保険矯正のこともお気軽におたずねください。

 

村田歯科医院 / 村田歯科 横浜矯正歯科センター 村田正人

日付:  カテゴリ:矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正), 健康保険・医療費

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関) 顎機能診断施設 指定

 

さて、いよいよ12月に入り今年ものこりわずか!師走の忙しい時期に突入というかたも多いのではないでしょうか?

さてさて、そんな忙しい時期に!

巷では、選挙がはじまりましたね。町の!駅の!あちらこちらで

 

演説!演説!!演説っう・・・・・・!!!

忙しさ、あわただしさをがさらに増した気がしてしまいます(><;)/

 

まあ、今後の政策や法律を決める上でも、選挙は大切!是非とも国民の意識、思いを反映した政策ができる政権になってもらいたいものです。

 

そこで今回は、当院の政策について・・・・・?いや、政策ではなく当院が受けている指定(指定医療機関)に1つについてです。

 

当院が 「横浜市妊婦歯科健診実地医療機関」 の指定を受けていることは以前お知らせしたと思います。

 

さて、今回は別の指定についてです。

 

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関) 

顎機能診断施設 の指定を受けています。

 

 

きいたことがありますか?

 

 

すごく簡単にいうと、当院は

保険適応の矯正治療ができる医療機関である

ということです。

 

 

どのようなことなのでしょうか?まとめてみました・・・・

 保険診療にて矯正治療をおこなうためには、更生医療指定機関の指定を受ける必要があります。更生医療指定機関では、顎変形症の歯科矯正治療が健康保険でおこなえますが、指定されていない施設で顎変形症の矯正治療をする場合は、自費診療となりかなりの高額になります。

 

更生医療機関として施設が指定されるためには、施設の基準と適切な医療機関(大学病院など)で5年以上の矯正臨床経験日本口蓋裂学会会員および口唇・口蓋裂の治療経験のある歯科医師が常勤している等の用件を満たすことが必要です。

 

さらに顎変形症に保険を適応するためには、施設に顎運動測定器筋電図などの器材の設置が義務づけられています。

 

難しそうなことですが、

 

必要器材が設置され、該当資格をもった矯正歯科医が居れば

「保険で矯正歯科治療ができる」ということです。

 

 

※ ただし、適応には制限があります。

 

では、今度は、保険が適応される矯正治療とはどのようなものなのかさらにまとめてみました・・・・

 

 保険適応の矯正とは?

指定自立支援医療機関(育成・更正医療機関)および顎機能診断施設の指定を受けた医療機関では、唇顎口蓋裂・指定症候群および骨格性不正咬合(外科矯正)の矯正治療がすべて保険の範囲で可能となります、

 

以下の内容に該当する方であれば、矯正治療および外科的処置を保険の範囲内ですべて受診することが出来るため、患者さんの負担もかなり少なくなります。

 

対象となる主な疾患(厚生労働省)
唇顎口蓋裂・口唇裂・口蓋裂・顔面裂、第1第2鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ロンベルグ症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経線維腫症、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウィリー症候群、6歯以上の先天欠損歯が認められる場合 さらに顎変形症手術を必要とする骨格性の反対交合、上顎前突や開口症等も矯正治療が健康保険適用となります(外科矯正)

その他、徐々にではありますが、適応範囲はひろがりつつありあます。

 

上記のように色々な指定疾患のみでなく、骨格性反対咬合(受け口)や上顎前突(出っ歯)なども顎変形症として健康保険が適用されます。

 

本来、顎変形症の適応であるにもかかわらず、いきなり美容整形を受診し、高額治療を受けてしまったケースもあります。

 

ちなみに、矯正歯科(外科矯正)治療と美容外科(美容整形)治療は全く別物ですので、誤解のないようにしてください。

 

正しく納得のいく治療を受けるために、まずは一人で悩まず気軽に顎変形症の適応であるかを相談してみてください。

 

つい先日も、ずっと悩んでた方が、矯正相談を受けられ、

 

☆疑問や不安が解消した!スッキリした!☆

 

「矯正治療をがんばります!」

 

と意気込んで、矯正治療を開始しした方がいらっしゃいました。

 

わたしも気合を入れなおしました  m(00)/

 

村田歯科 横浜矯正歯科センター  村田 正人

日付:  カテゴリ:お知らせ・医院情報, 矯正歯科(歯並び・症状・治療法など), 顎変形症(外科矯正) and tagged ,

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-1-6 菱進横浜ビル3F

045-314-0881

JR横浜駅西口・きた西口より徒歩1分

 
午前診療
10:00∼12:30
× ×
午後診療
14:30∼19:00
× ×
© Murata Dental Clinic